「Powkiddy RGB20S」レビューしますよ~。見た目が可愛らしい上にコントローラーの質感も良くてCFWのArk OSが導入済!

どうもネスです。banggoodさんからPowkiddy RGB20Sが到着しましたので、レビューさせて頂きますね。

目次

概要

Powkiddy RGB20S は縦型モデルですね。
スペックですが 3.5インチ液晶ディスプレイ(640×480)
LinuxでCPUはRockChip RK3326 1.5GHzだそうです。

今回のRGB20Sの良い所は
初めからCFWの「ArkOS」が導入済になってるようなので
使い勝手は良いかと思います。
(手動で導入するのが面倒なネス氏には有難いです)

開封~

本体と充電ケーブルと説明書とシールが付いてます。
必要最低限かと思いきや
シールが気になりますね。

シールを貼ってみましょう。

ほほ~。
なかなか良いじゃないですか~。

シールを貼ると雰囲気がかなり変わりますね~。

やはり中華ゲーム機が見た目ですね~。

インターフェイスと外観をチェック

重量

シールを貼らなかった場合は
計りと同化しそうな感じですね。

充電すると・・・・

鼻の部分が光るそうです。

シールもこの為なんでしょうね。

基本的な使い方

メニュー画面でスタートボタンを押すとメインメニューの画面が出てきます。

残念ながらArkOSは日本語化は出来ないようです。まぁ英語でも特に問題は無いと思います。

ゲーム中に左右のアナログスティックを同時に押すと「ArkOS」のメニューが出てきます

ゲームを終了したい場合は
スタートとセレクトを同時押しで終了できますね。

FNのボタンの使いかたが良く分からんので
分かったら追記しますね。

コントローラーの質感

Powkiddy製品って
コントローラーの質感が価格相応な感じですが
RGB20Sは押し心地は全体的に良いですよ。

Q20 miniと同じく
ボタンが固めなので、なかなか良かったですが

細かい話になりますが
LRが押しにくい気はします。

ただし「Miyoo mini」の方が押しにくいので
Miyoo miniよりは、まぁまぁ許容範囲かなと言う感じですね。

GBタイプの縦型のゲーム機だと
LRが押しにくくなるのは必然な気もしますね。

十字キーから下がもう少し長ければ
手の内側で本体の下側が固定できて押しやすかった気はしますが
デザインの関係で、こうなってるのかも知れませんね。

まぁこういうゲーム機と言う事で
コレはコレで良いかと思います。

ゲームを動かしてみる

初めからCFWのArkOSが導入済なので
RG351MPと同じような感じで
PSPの動作がなかなか良いですね。

CFWのネック

CFWのテスト版とか導入したとしても
何か不具合があれば、新しいバージョンを入れる羽目になるので
二度手間もしくは三度手間になることがありますね。

その上に
設定を変えた覚えはなくとも、設定が変わって
結局、CFWを入れなおす羽目になることもありますね。

まぁ正直なとこ
CFWの導入は時間が経過してからが良いですね。

「果実は美味しく実るまで」みたいな感じで
食べごろになるまでは、待つほうが良いですね。

まぁCFWのバージョンアップで何が改善されたのか
知りたい場合は止める理由は無いですが
あくまでも導入は自己責任かなと思います。

Powkiddy製品の面白い部分

Powkiddyの良いところって
見た目が良くて価格相応な部分ですかね。

どの辺りが価格相応なんですか?
と言う話ですが

例えば「Powkiddy A30」とか
見た目はなかなか良いですが
コントローラーの質感は、まぁ何というか価格そうな感じっていうか。

まぁ安いので少々のことは
そんなに気にならない感じですね。

X18S」の場合は
中身の性能はRG552よりも高性能なんですけど
やはりコントローラーの質感が、まぁ価格相応な感じなんですよ。
でもRG552よりも安いので文句は言えない感じですね。

Powkiddy製品は不思議なゲーム機が割と多いですね。

だがPowkiddy製品なのに
コントローラーの質感が良いゲーム機もあるんですよ。

今のところ、以下の2つのゲーム機のコントローラーは
なかなか押し心地が良いです。

RGB10 MAX2
Q20 mini

Powkiddyらしからぬ質感」とか言われるぐらい
質感が良いので、なんか不思議な感じですね。

別会社に依頼でもしたんですか?
というぐらい質感が違いますね。

そして
Powkiddy RGB20Sも「Powkiddyらしからぬ質感」ですね。

言ってる事がおかしいのは理解してるんですが
そうなんですよ。

この辺りがPowkiddyらしくて良いですね。

言うなれば
有名なクソゲーって
クソゲーとか言われてる割に支持されてるじゃないですか。
アレと同じような感じかなと思いますね。

感想

まず見た目が良いですね。

トラを意識しているデザインだそうです。
そして付属のシールを貼ると
なかなか可愛らしいデザインになるので良いですね。

Powkiddy製品は見た目に拘ってる感じですね。

PSPも良い感じに動作しますが
LRが押しにくいので
必然的にレトロゲームが主体になりそうですね。

Miyoo Miniの画面サイズよりも大きい画面が好みであれば
RGB20Sは良いのではないかなと思います。

Lunix仕様のゲーム機って
オフィシャルファームウェアやら初期のFWって
基本的にイマイチな感じなので
CFWで使い勝手を良くするという感じですね。

中華ゲーム機はそれが当たり前になってる感があるので
まぁ良し悪しかなと思いますね。

まぁその辺りもあるので
今回のRGB20Sに初めからArkOSが導入済なのは有り難いですね。

初めから導入済と言う事は
CFWのサイトでファイルを拾って
MicroSDに書き込むという作業を省略できるので
かなり大きいと思います。

RG351MPと同じような能力なのに
RG351MPよりも安くてCFWが導入済なので
お買い得だと思いますね。

そういえばANBERNIC製の
WIN600RG353Pの記事を掲載中ですよ。
こちらも良ければどうぞ。

ゲーム機やらCFWやらは好みがありますし
自分の使用の用途に合った品を購入するのが良いでしょうね。

因みにネス氏は海外通販サイトはbanggoodさんがお気に入りです。

ANBERNIC WIN 600 1T版が登場

ANBERNIC WIN 600 公式ストア
3020e(8G+128G)(ブラック)¥41,5992,400 OFF
3020e(8G+256G)(ブラックorホワイト)¥51,5992,400 OFF
3050e(16G+1T)(ブルー)¥66,599
ANBERNIC RG503¥17,999¥1,300 OFF
ANBERNIC RG552¥26,599¥3,400 OFF
ANBERNIC RG351MP¥18,5991,200 OFF

クラウドファンディング版と国内正規版の違い

コチラにまとめてあります。

通販サイトと動画配信サービスとギフト券とSWELL

UMPCの専門店のハイビームさんの
オンラインストアですね。

定期的にセールを行っておられるようです。
掘り出し物が見つかるかも!?

海外通販サイトだと
banggoodさんで、ちょこちょこ買い物してます。
こちらはスマートウォッチやゲーム機やタブレットが安いですよ

アマゾンプライムビデオとU-NEXTは配信してるものは
割と同じようで違うんですけど、契約しておくと便利ではありますね。

たまにバチェラージャパンとか独占タイトルもあるので地上波では見れない映像とかもあるので悪くはないかなと思います。

有料テーマのSWELLは便利ですよ。
今までアクセスが少なかった記事にもア
クセスがある場合があるので総合的に見ればプラスにはなると思います。

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥5,000 (2022/12/06 18:42:46時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもネスです。

GPDやAYA NEOやONEXPLAYERなど
珍しくて熱くて面白いUMPCやガジェットが大好物です。

物欲は良いですね。

宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次