ANBERNICの新製品「RG503」レビューしますよ~。持ちやすい形状に改善されてOLEDディスプレイを搭載した新型ですね。

どうもネスです。友人がRG503を予約してたそうで、レビュー用に借りてみました。PS Vitaと同じ4.95インチ(960×544)有機ELディスプレイを搭載しているそうなので、なかなか気になりますね。

目次

販売ストアと仕様

自分用はbanggoodさんで「グレイ」をお願いしてて
入荷次第、到着するそうなので楽しみです。

届いたら画像を載せております。

コチラでブラックとグレイの比較の記事
用意してます。

で、友人がANBERNICさんの公式ストア
「ブラック」を注文していたようなので
レビュー用にお借りしてみました。

公式ストアに
スペック表が載ってるので
そちらをご覧ください。

RG503の仕様ですが「RK3566」が搭載されてます。

・PowkiddyのRGB10 MAX2は「RG3326」搭載
(ANBERNICのRG351シリーズにも搭載されてます)

・ANBERNICのRG552が「RK3399」搭載

能力的な面で言えば
「RG3399」と「RK3326」の中間ぐらいの能力になるそうです。

価格面で言えばRG351シリーズよりも少し高かくて
RG552よりも安いので
妥当な価格かなと思います。

開封~

本体と説明書とガラスフィルムとケーブルですね。

Wi-Fiドングルを付属してほしかった気もしますが
まぁ良いでしょう。

Wi-Fiのドングルの話と公式さんのファームウェア

RG503は技適未認証のようです。

なのでRG503でWi-Fiを使用する場合は
Wi-Fiのドングルが必要になりますね。

まぁアップデートファイルや
CFWを導入するのであれば
無理に使用する必要は無いかなと思います。

Type-Cのコネクター付きで
1000円を切ってるので
公式さんで買う方がお得かもしれませんね。

もしくは
今までのANBERNIC製品に付属されてる
ドングルでも問題ないと思います。

RG503の最新のファームウェアダウンロードリンク

コチラです

インターフェイス

左からUSB-C、イヤホンジャック、HDMIポート、USB-C

左からTFスロット1、リセットボタン、Fボタン(ファンクション)、TFスロット2

軽い割に高級感のあるボディと本体の軽さ!

今回のRG503の本体は
金属外装では無くプラスティックの外装のようですが
なかなか高級感がある感じで良いですね。

手触りも見事ですね!

その上に軽いんですよ!

RG552が362gなんですよ。

それに対してRG503は
238gです。

この重さなら携帯性も十分ですね。

Fキー(ファンクションキー)

本体の下部にFキーが用意されてますが
良いとは言えない位置にありますね。

ファンクションキーと同時押しで
メニューが呼び出せるわけですが
左側にリセットボタンが配置されてるので
間違って押してしまう場合もあるので
次回作はFキーの位置を改善して頂きたいですね。

背面側の赤で囲ってる辺りとかだと
良いかもですね。

サードパーティ製のコントローラーでよくある
「カスタムキー」みたいな位置に配置されてると
良いかもしれませんね。

リセットの横に配置されてるのは
宜しくないので改善して頂きたいところですね。

基本的な使い方

まぁ説明書に基本的な事は書いてますが、一応、載せておきますね。

電源の入れ方ですが
OSがインストールされたMicroSDが
TF1に入った状態で電源長押し。
(OS無しで電源は入れない方が良いです)

電源オフは
日本語化されてるので大体わかるでしょう。
システムシャットダウンと言うのを押せば大丈夫ですね。

今までだと
・スタート+セレクトの同時押し
・アナログスティックの同時押し

などでメニュー画面を呼び出せましたが
RG503はFキー(ファンクション機ー)を押しながら
メニューを呼び出す仕様のようです。

Fキーの使い方

・ゲーム内メニュー起動:Fキーを押しながらBボタンを同時押し
・ゲームを終了:Fキー押しながらスタートボタンを同時押し
・明るさ調整:ファンクションキーとボリュームボタンを同時押し

TF2のスロットは何に使うんですか?

と言う話ですが

空のMicroSDを入れて起動すると
フォルダが自動で生成されるので
対応するハードのフォルダーにゲームを入れる感じですね。

コントローラーの質感

触ってみた感じとしては
RG351MやRG552に似てる気がしました。

コントローラーの押し心地なども丁度良いですね。

だが、コントローラーの操作性は
どうも個体差があるようですね。

ヨシダさんとこに届いたモノは
特に問題は無いようですが
Lou-gunさんのとこのは
イマイチだったそうですね。

まぁなんというか
個体差と言わざるを得ないですね。

コントローラーの印字の拘り・・・

一般的なコントローラーの印字は
こんな感じです

8BitDo Pro 2 XboxシリーズX

HORI製 EDGE301

BIGBIG WON RAINBOW

DSC_0651_TEMP

XBOX基準のコントローラーの印字は
A→緑
B→赤
X→青
Y→黄色

印字はプリントされてる感じですね。

で、RG552とRG503

印字が彫ってあるのですが
彫った部分に色が付いてます。

こちらがRG552

こちらがRG503

特にABXYの印字に拘りを感じますね・・・
彫ってある上に色付きで
しかも綺麗に色が付いてて見事ですね!

AYANEOのアーサー氏
コントローラーに拘ってますが
ANBERNICさんも
コントローラーに拘ってるようで
好感が持てますね。

持ちやすさ

今までのANBERNIC製と違って
背面の形状が見直されて
持ちやすくなったようです。

背中の持つ部分が
ザラザラした手触りなのですが
滑り止めの役割を果たしているようです。

スピーカーの部分も手が当たらない

本体の形状が少し丸い訳ですが
持った時にスピーカーの穴が
手で隠れないようになってますね。

なかなか良いですね。

液晶画面

OLED(有機EL)ディスプレイとの事ですが
普通に綺麗ですね。

2万円以下の中華ゲーム機で
OLEDディスプレイとか良い時代になりましたね。

本体の形状のディスプレイ部分ですが
今までのように平面ではなく
窪んでいるような感じですね。

聞くところによると
有機ELの液晶って衝撃に弱いそうです。

それで液晶部分が平面ではなく
窪んであるような形状にして
液晶に直で当たりにくくするために
あえてこんな形状になっている?

のかも知れませんね。

まぁANBERNIC製のゲーム機は
ガラスフィルムが付属なので
貼っておくべきですね。
(ガラスフィルムが破損してない限りは)

もしくはPDA工房さんの保護フィルムがおススメですね。

ゲームを動かしてみる

RG351MPの初期状態のFWで
PSPの那由多の軌跡を動かすと
画面が少しバグってて音割れしてて重いんですけど(CFWで解決)
RG503のデフォルトのFWでも
特に問題なく動くようです。

本体の性能が351MPよりも良いというのは本当のようですね。

RG351MPとRG552の中間ぐらいの能力と聞いてましたが
仕様の通りと言う感じですね。

CFWが3種類

まぁ気が向いたら導入するかもです。

因みに導入する場合は
自己責任でお願いします。

導入の仕方は過去ログに載せてます。

良い点と改善して頂きたい点

良い点ですが

・本体の重量が軽い上に高級感のある質感はなかなか良いですね。
・ボタンの質感も押し心地も申し分ないですね。
・液晶も綺麗

改善して頂きたい点

・次回作はファンクションキーの位置を変更して頂きたい

感想

触ってみた感想ですが
全体的に良いですね。

今までのANBERNIC製品と違って
RG503は丸みを帯びたデザインなので
「触ってみた感じはどうなのかな?」

と思う方が多いと思いますが
コレはコレで良いと思いますね。

本体の仕様の関係でPS2やSSは難しいと思いますが
デフォルトのFWでも
PSPぐらいなら問題が無い仕様かなと思います。

いずれ出現するであろうと思われる
CFW次第で熱いマシンになる可能性があると思います。
RGB10 MAXRGB10 MAX 2はCFWで化けました。)

コントローラーの質感が良い事で
定評があるANBERNIC製品ですが
RG552と同じく
ABXYの印字が彫られて色が付いてるので
見栄えが良くて良いですね!

次回作もこの見事なボタンを使用して欲しいですね。

RG351MPやRG552
少し重いか高級感があるボディが好みの方も居るかと思いますが
RG503を実際に触ってみれば気に入ると思いますよ!

通販サイトと動画配信サービスとギフト券とSWELL

UMPCの専門店のハイビームさんの
オンラインストアですね。

定期的にセールを行っておられるようです。
掘り出し物が見つかるかも!?

海外通販サイトだと
banggoodさんで、ちょこちょこ買い物してます。
こちらはスマートウォッチやゲーム機やタブレットが安いですよ

アマゾンプライムビデオとU-NEXTは配信してるものは
割と同じようで違うんですけど、契約しておくと便利ではありますね。

たまにバチェラージャパンとか独占タイトルもあるので地上波では見れない映像とかもあるので悪くはないかなと思います。

有料テーマのSWELLは便利ですよ。
今までアクセスが少なかった記事にもア
クセスがある場合があるので総合的に見ればプラスにはなると思います。

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥5,000 (2022/11/28 18:21:24時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもネスです。

GPDやAYA NEOやONEXPLAYERなど
珍しくて熱くて面白いUMPCやガジェットが大好物です。

物欲は良いですね。

訪問者の方々に
出来るだけ有益な情報を提供出来るように
情報収集などを行って掲載していこうと思います。

宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次