「Logicool G435」レビュー。軽くてコスパの良いワイヤレスゲーミングヘッドセットですね。

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

概要

さてさて。

ふとワイヤレスのゲーミングヘッドセットが気になったので
入手してみました。

なかなか良いのがあったので
その辺りを紹介してみましょうか。

ワイヤレスのゲーミングヘッドセットと言っても
いろんなメーカーさんから色々出てるので
どれが良いか迷いますね。

で、ブログ主は
使用用途を限定してます。

・母艦はLIGHTSPEED
・UMPCはBluetooth

と言う感じにしてますね。

販売ストア

定価は9700円らしいですが
5600円で売ってます。

カラーは3種類だそうです。

スペック

サウンド2.1ステレオ Dolby Atmos・Tempest 3D AudioTech(PS5)
・Windows Sonic 立体音響に対応
ドライバー40mm
マイクデュアルビームフォーミング内蔵式マイク
イヤーチップ/イヤーパッド環境音をカットする メモリーフォームイヤーパッド(メッシュ製)
接続①LIGHTSPPEEDワイヤレス (レシーバー付き)
②Bluetooth 5.0
互換性パソコン、PS5、PS4 、Bluetooth接続対応デバイス

開封

重量

164gなので、なかなか軽いですね。

DSC_5436_TEMP

外観とインターフェイス

イヤーパッドは着脱可能

イヤーパッドを外して洗う事も可能らしいです。

稼働時間

フル充電で約18時間ほど使用可能らしいです。

30分ぐらい使用がなければ
自動的に電源が切れるようです。

マイクは内蔵らしい

ヘッドセットだとマイクアームがついてるイメージですが
こちらの品は内蔵式ですね。

赤で囲ってる部分から声を拾うらしい

実用的か否かと言われるとアレですが
まぁ人によるでしょうね。

アームの長さは調節可能

アームの長さは調節可能なので使いやすいですね。
ロックはかからない仕様で、ゆったりした感じでなかなか良いですね。

着けてみた感じ

イヤーパッドが割と大きくて
耳を覆う感じでなかなか着け心地が良いです。

DSC_5434_TEMP

その上に軽いので
なかなか良いですね。

接続方法

bluetoothの接続方法

・電源ボタンとミュート ボタンを3秒以上長押し
・ペアリングが可能になるとLEDが青になる

Light Speedとbluetoothの切り替え方法

・ワイヤレスレシーバーを接続対象に刺す
・ミュート ボタンを3秒以上長押し
・Light Speedに切り替えると、LEDが水色で点灯する
・Light SpeedからbluetoothだとLEDが青で点灯する

実際に使ってみた感じ

AYANEO AIR 1sでアーマード・コア6をやってみましたが
遅延とかは気にならなかったですね。
(bluetoothである以上は、遅延がないとは言い切れないですが)

DSC_5456_TEMP

母艦で使う場合は
LIGHTSPEEDのレシーバーを使います。

良い部分と気になる部分

良い部分気になる部分
LIGHTSPPEEDワイヤレスとBluetooth接続3.5mmオーディオは使えない
パソコン、PS5、PS4 で使用可能スイッチでは使えない
価格の割にはなかなかの高品質
軽くて着け心地が良い

感想

UMPCと母艦で手軽に使うのが前提だったんですが
予想以上にコスパの良い品ですね。

特に軽いのが強みですね。
(高級品とかだと300gを超えるようです)

bluetooth接続は1台のみらしいですが
母艦にはLIGHTSPEEDのUSBレシーバーを使うので
特に不満はないですね。

音質に関してですが
価格が安いので、Razerやソニーとかの高級品と比べると
物足りないと感じる方も居そうな感じですが
普通の音質で問題ないという方には良いのではないでしょうか。

ワイヤレスヘッドホンもピンキリですね。

ソニーのやるとか
693gの大物とかあるそうな。

最近のブログ

あわせて読みたい
「AYANEO AIR 1s」レビュー。その02。30fps固定とTDPと設定の目安の画像など。 【概要】 https://nesskun1231.com/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0umpc%e3%80%8cayaneo-1s-%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e...
あわせて読みたい
ゲーミングUMPC「AYANEO AIR 1s レトロパワー」レビュー。7840Uを搭載した小型の端末ですね。 【概要】 さてさて。AYANEO 1sのレトロパワーをレビューすることになりましたのでレビューしてみましょうか! ROG ALLYが登場したお陰で各社がASUSに対抗する為に7840U...
あわせて読みたい
ONEXFLYとROG ALLYと比較してみましょう。両機種とも善し悪しがあるのでなかなか難しいところですね。 【販売ストア】 ONEXFLYハイビームアマゾンオブシディアンブラックメモリ 32GB / 1TB SSD¥139,800 ¥149,800税込149,800 税込メモリ 32GB / 2TB SSD¥149,800&n...
あわせて読みたい
ゲーミングUMPC「ONEXFLY 試作機」レビュー。ROG ALLYに対抗出来る能力を有していると思いました。 【ONEXFLYの試作機とROG ALLYの比較】 https://nesskun1231.com/onexfly%e3%81%a8rog-ally%e3%81%a8%e6%af%94%e8%bc%83%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%97%...
あわせて読みたい
キックスタンド非搭載のUMPCにキックスタンドを装備してみましょう!他に便利なアイテムを紹介しており... 【概要】 今のところAOKZOEとONEXPLAYERとONEXPLAYER2はキックスタンドが搭載されてますがそれ以外は非搭載ですね。で、キックスタンドがあれば・・・と思ってる方は少...

ハイビームさんのセール品の一覧と修理情報

コチラですね。

セール品の一覧

また、ハイビームさんで修理する際の情報なのですが 内部基盤以外の修理は国内、内部基盤は中国との事です。

バッテリーの交換はどのメーカーも15000円を目安にしてくださいとのことでした。

クラウドファンディング版と国内正規版の違い

コチラにまとめてあります。

通販サイトと動画配信サービスとギフト券とSWELL

UMPCの専門店のハイビームさんの
オンラインストアですね。

定期的にセールを行っておられるようです。
掘り出し物が見つかるかも!?

海外通販サイトだと
アリエクスプレスさんとbanggoodさん
ちょこちょこ買い物してます。

アマゾンプライムビデオとU-NEXTは配信してるものは
割と同じようで違うんですけど、契約しておくと便利ではありますね。

たまにバチェラージャパンとか独占タイトルもあるので地上波では見れない映像とかもあるので悪くはないかなと思います。

有料テーマのSWELLは便利ですよ。
今までアクセスが少なかった記事にもア
クセスがある場合があるので総合的に見ればプラスにはなると思います。

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥2,000 (2024/04/13 01:18:51時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもネスです。

GPDやAYA NEOやONEXPLAYERなど
珍しくて熱くて面白いUMPCやガジェットが大好物です。

物欲は良いですね。

宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次