「AYANEO Pocket S」を発売。AYANEOがクアルコムと提携し、Snapdragon G シリーズを搭載だそうな。

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

概要

2023年8月23 日

ドイツのケルンにて。

本日、「AYANEO」は、Qualcomm Snapdragon G シリーズを
初めて採用することを発表しました。

また、同社の最上位フラッグシップ製品
「AYANEO Pocket S」も発表した。

ドイツのケルンで開催された 2023 年の Gamescomイベントで
クアルコム テクノロジーズは、
「Snapdragon® G3x Gen2」の発売を発表しました。

AYANEO CEO の Arthur 氏は次のように述べています。

「当社は、革新的なコンセプトと最先端のテクノロジーを通じて、
世界中のゲーマー向けに最も本格的なゲーム用ハンドヘルドを
作ることに常に取り組んできました。

Qualcomm Technologies, Inc. は、
グラフィックス処理とモバイル ゲームの分野で
広範な技術的専門知識を持っています。

新しい Snapdragon® G3x Gen2 ゲーム プラットフォームによって
もたらされる卓越したパフォーマンスを活用して、
従来の理解を再定義する主力ゲームハンドヘルド製品を開発する為に、
クアルコム テクノロジーズと協力できることを光栄に思います。

今後もクアルコム テクノロジーズとのパートナーシップを
深めていきます。

さらなる最先端のテクノロジーを探究し、
ゲームのハンドヘルド体験の新境地を開拓するために
継続的に革新を続けています。」

クアルコム テクノロジーズの
製品管理シニア ディレクターである
ミスン チャンドラセカール氏は次のように述べています。

「Snapdragon® G3x Gen2 プラットフォームは、
モバイル ゲーム愛好家にとってトップレベルの機能と
パフォーマンスを備えた主力製品であり、
革新的なゲーム機能における
当社のリーダーシップを十分に発揮しています。

AYANEO のようなお客様に最高のゲーム機能を提供し、
ゲーマーがまったく新しいレベルの
ハンドヘルド ゲーム パフォーマンスを解放できるように
することに興奮しています。

Windows ゲーム ハンドヘルドの技術的専門知識を
何年も蓄積した後、AYANEO は
現在、Android ゲーム ハンドヘルドの領域に正式に参入しています。

2022 年、AYANEO は
まったく新しい Android ゲーム ハンドヘルド製品ラインである
Pocket シリーズを発表し、
世界中のゲーマーから大きな注目を集めました。

今年 7 月、AYANEO は、
同社初の Android ゲーム ハンドヘルドである
Pocket AIR を世界中のゲーマーに発表しました。

AYANEO は、数多くの最先端のテクノロジーとコンセプトを
活用して、Android ゲームのハンドヘルド領域に
最高レベルのエクスペリエンスを提供しています。

AYANEO は、Snapdragon® G3x Gen2 プラットフォームを
ベースにした主力の Android ゲームハンドヘルドである
Pocket S を今年 12 月に正式に発売する予定です。

これは、AYANEO の Snapdragon プラットフォームを搭載した
初のゲーム ハンドヘルドであるだけでなく、
Snapdragon® G3x Gen2 ゲーム プラットフォームを
組み込んだ世界初のバッチ ゲーム ハンドヘルドでもあります。

AYANEO Pocket S は、
AYANEO の一貫したデザイン美学を遵守し、
Android ゲーム ハンドヘルド向けのボーダーレス デザインを
世界規模で導入しています。

極めてスリムで軽量なフォームファクターを誇り、
AYANEO の長年にわたるゲーム用ハンドヘルド開発の専門知識と
ハイエンド スマートフォンの製造技術を組み合わせた集大成です。

X86 レベルの放熱機能を備え、
まさに「ハイエンド ゲーミング ハンドヘルド」の
コンセプトを定義します。

AYANEO Pocket Sは
ゲーマーの多様なニーズを満たすために複数の異なる構成バージョンを
提供すると報告されています。

写真の超薄型軽量モデルに加えて、
大容量バッテリー、より最上位の構成、
最上級のグリップを備えた長寿命バージョンもあります。

また、AYANEOは超薄型軽量モデルに
人間工学に基づいた特別なソリューションを用意し、
ゲームパッドに匹敵するグリップ感を実現し、
ゲーマーのコントロールをさらに強力にしました。

AYANEO は、Snapdragon® G3x Gen2 プラットフォームを
通じて、業界を真にリードし、
世界中のユーザーの想像力を打ち破る
次世代のゲーム用ハンドヘルドを作成します。

12月と書いてるように見えましたが
確かOdin2も12月ぐらいだったような・・・・

Odin2はIGGで好調のようですが
場合によっては何かが起きそうな感じに見えますね。

最近のブログ

あわせて読みたい
ONEXFLYとROG ALLYと比較してみましょう。両機種とも善し悪しがあるのでなかなか難しいところですね。 【販売ストア】 ONEXFLYハイビームアマゾンオブシディアンブラックメモリ 32GB / 1TB SSD¥139,800 ¥149,800税込149,800 税込メモリ 32GB / 2TB SSD¥149,800&n...
あわせて読みたい
ゲーミングUMPC「ONEXFLY 試作機」レビュー。ROG ALLYに対抗出来る能力を有していると思いました。 【ONEXFLYの試作機とROG ALLYの比較】 https://nesskun1231.com/onexfly%e3%81%a8rog-ally%e3%81%a8%e6%af%94%e8%bc%83%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%be%e3%81%97%...
あわせて読みたい
ゲーミングUMPC「ONEXPLAYER2 Pro」レビュー。ジョイスティックコネクターも完成したので使い勝手が良い... 【概要】 さてさて。テックワン社からONEXPLAYER2 Proのレビュー依頼がありましたのでレビューしてみましょうか。 Proの仕様ですがCPUが7840Uにバージョンアップした以...
あわせて読みたい
Ryzen Z1搭載の「ROG ALLY」レビュー。UMPC各社が警戒するだけの能力を秘めているのか気になります。 【ONEXFLYの試作機とROG ALLYの比較】 https://nesskun1231.com/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0umpc%e3%80%8cayaneo-1s-%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e...
あわせて読みたい
6インチゲーミングPC「AYANEO AIR Plus 試作機」レビュー。6800U搭載機では最軽量モデルですね。 【概要】 https://nesskun1231.com/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0umpc%e3%80%8cayaneo-1s-%e3%83%ac%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e...
あわせて読みたい
キックスタンド非搭載のUMPCにキックスタンドを装備してみましょう!他に便利なアイテムを紹介しており... 【概要】 今のところAOKZOEとONEXPLAYERとONEXPLAYER2はキックスタンドが搭載されてますがそれ以外は非搭載ですね。で、キックスタンドがあれば・・・と思ってる方は少...

ハイビームさんのセール品の一覧と修理情報

コチラですね。

セール品の一覧

また、ハイビームさんで修理する際の情報なのですが 内部基盤以外の修理は国内、内部基盤は中国との事です。

バッテリーの交換はどのメーカーも15000円を目安にしてくださいとのことでした。

クラウドファンディング版と国内正規版の違い

コチラにまとめてあります。

通販サイトと動画配信サービスとギフト券とSWELL

UMPCの専門店のハイビームさんの
オンラインストアですね。

定期的にセールを行っておられるようです。
掘り出し物が見つかるかも!?

海外通販サイトだと
アリエクスプレスさんとbanggoodさん
ちょこちょこ買い物してます。

アマゾンプライムビデオとU-NEXTは配信してるものは
割と同じようで違うんですけど、契約しておくと便利ではありますね。

たまにバチェラージャパンとか独占タイトルもあるので地上波では見れない映像とかもあるので悪くはないかなと思います。

有料テーマのSWELLは便利ですよ。
今までアクセスが少なかった記事にもア
クセスがある場合があるので総合的に見ればプラスにはなると思います。

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥2,000 (2024/06/25 04:58:00時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもネスです。

GPDやAYA NEOやONEXPLAYERなど
珍しくて熱くて面白いUMPCやガジェットが大好物です。

物欲は良いですね。

宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次