「GPD WIN Mini 2024」のクラウドファンディングがあるそうな。しかも4月に出荷!?「はぁ!?ありえねーだろ!?」な感じですね。

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

概要

さてさて。
物欲の冬ですね~。

と言う訳で
XのGPDのアカウントで
「GPD WIN Mini 2024」の予告がありました。

クラウドファンディングはまだ開始してないんですが
ページはできてるようです。

コチラ
GPD WIN Mini 2024

XのGPDの公式からのアナウンスで
3月6日から開始だそうです。

で問題なんですが
出荷時期がなんというかね。

「はぁ!?」な感じです。

コレ見て目を疑ったんですが
2024年4月に出荷と表記されてます。

・・・・
確か2023年12月末に発売してた筈ですが
早すぎますね。

呪術廻戦の日下部で言うところの
「はぁ!?ありえねーだろ!?」
な状態ですね。

スペック表

OSWindows 11 Home、もしくはSteam OSもしくはGPD OS
CPUとGPU「Ryzen 5 8640U:Radeon 760M」「AMD Ryzen 7 8840U:Radeon 780M」
液晶7インチ、IPS、解像度 1920×1080、16:9、画素密度 314PPI
マルチタッチ対応、リフレッシュレート 60Hz or 120Hz
メモリ「16GB、LPDDR5 6400MHz」
「32GB / 64GB:LPDDR5 6400MHz」
ストレージ512GB / 2TB
インターフェースUSB4 Type-C(40Gbps、Thunderbolt 3サポート)、
USB A (10Gbps) 、USB 3.2 Gen 2 Type-C(フル機能)、
MicroSDカードリーダー、オーディオジャック
その他色々ステレオスピーカー、マイク内蔵、マウス切り替えスイッチ
ジャイロスコープ、L4R4のカスタムキー、トラックパッド
物理キーボード(バックライト搭載)、BIOSリセットホール
重さ約520g
ワイヤレス通信Wi-Fi 6E(a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.2
バッテリー容量 44.24Wh
サイズ168 × 109 × 26 mm
保証1年

要点をまとめるとこんな感じですか。

・OCuLink→USB A (10Gbps) に変更
(OCuLinkの需要が高くないからかもしれませんね)

・ROG ALLYの液晶を採用

その他には消費電力と発熱が抑えられる対策がなされているようです。

DSC_6157_TEMP

(OCuLinkの需要が高くないからかもしれませんね)
(ケーブルが高い上に余り販売されてないですからね。)

(USB-Aの方が実用性は高いでしょうね。)

歴史は繰り返されるのか・・・

あえて言いましょうか。

初めからコレ発売しましょうよ・・・・

年末に発売して
翌年の4月にバージョンアップ版の出荷は酷いですよね。

GPD Pocket2のクラウドファンディングでm3-7y30の仕様だったが
その時期にOneMix2sが8100を出してきたので
OneMix2sに対抗する為に、何の説明もなしに8100に変更していた。

しかも既に7y30にを送った方には何の救済処置もなし。

それなりにクレームはあった筈だが、結局は有耶無耶になってたような。
GPD WIN3の時にWi-Fiモジュールがスペック表通りの部品が
使用されていなかった。

確か「AC7265」「AX200」「AX210」が使用されていたようです。

Wi-Fi5、Bluetooth4.2で動作するWIN3と
Wi-Fi6、Bluetooth5.0で動作するWIN3が存在したそうな。

まぁたいした支障がないとは言え、宜しくは無いですね。

それなりにクレームはあった筈だが
まぁ結果的には有耶無耶になって時間が経過している感じでしょうね。
そして有耶無耶になって時間が経過するのでしょうね。

GPD WIN miniが4月に出荷されることになった背景

GPD WIN mini 2024が4月に出荷されるという話ですが
その背景にはMSI clawが3月に発売予定で
しかも699ドル~799ドルだとか言う話だそうな。

それでWIN miniの8640Uの価格をまだ出してないのかも。

ただしMSI clawの重量は675gらしいので
「ふーむ・・・・・」な感じですね。

コレで600gを切ってたらヤバかったかも。

最近のブログ

あわせて読みたい
7840U搭載のUMPCの善し悪しと選び方。(AYANEO、ONEXFLY、GPD) 【概要】 さてさて。7840U搭載機が多いですね。コレだけ多いとどれ買うか迷いますね。その辺りもあるので善し悪しを見ていきましょうか。 GPD WIN miniとAYANEO SLIDEは...
あわせて読みたい
ゲーミングUMPC「AYANEO AIR 1s レトロパワー」レビュー。7840Uを搭載した小型の端末ですね。 【概要】 さてさて。AYANEO 1sのレトロパワーをレビューすることになりましたのでレビューしてみましょうか! ROG ALLYが登場したお陰で各社がASUSに対抗する為に7840U...

ハイビームさんのセール品の一覧と修理情報

コチラですね。

セール品の一覧

また、ハイビームさんで修理する際の情報なのですが 内部基盤以外の修理は国内、内部基盤は中国との事です。

バッテリーの交換はどのメーカーも15000円を目安にしてくださいとのことでした。

クラウドファンディング版と国内正規版の違い

コチラにまとめてあります。

通販サイトと動画配信サービスとギフト券とSWELL

UMPCの専門店のハイビームさんの
オンラインストアですね。

定期的にセールを行っておられるようです。
掘り出し物が見つかるかも!?

海外通販サイトだと
アリエクスプレスさんとbanggoodさん
ちょこちょこ買い物してます。

アマゾンプライムビデオとU-NEXTは配信してるものは
割と同じようで違うんですけど、契約しておくと便利ではありますね。

たまにバチェラージャパンとか独占タイトルもあるので地上波では見れない映像とかもあるので悪くはないかなと思います。

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥2,000 (2024/04/13 01:18:51時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもネスです。

GPDやAYA NEOやONEXPLAYERなど
珍しくて熱くて面白いUMPCやガジェットが大好物です。

物欲は良いですね。

宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次