「ONEXPLAYER X1」レビュー。Core Ultra搭載で大画面でリフレッシュレート120hzだそうです。

当ページのリンクには広告が含まれています。
目次

概要

さてさて。
物欲の春が始まろうとしょておるようですね~。

と言う訳でONEXPLAYER X1のレビューをしてみましょうか。

販売ストア

テックワンハイビームアマゾン
インテル Core Ultra 5 125H/16GB/1TB¥151,200¥151,200
インテル Core Ultra 7 155H/32GB/1TB¥187,200¥187,200
インテル Core Ultra 7 155H/32GB/2TB¥196,200¥196,200
インテル Core Ultra 7 155H/64GB/4TB¥241,200¥241,200

予約限定60%OFF!周辺機器特別セット: キーボード+コントローラー+ケース+液晶保護フィルム(+9680円)

セットで買う方がお得なようですね。

テックワンハイビームアマゾン
ONEXPLAYER X1 専用カバーキーボード
(101英語キーボード配列)
¥10,800¥10,800¥10,800
ONEXPLAYER X1 専用コントローラーコネクター¥7,800¥7,800¥7,800
ONEXPLAYER X1 専用液晶保護フィルム¥1,500¥1,500¥1,500
ONEXPLAYER X1 専用ケース¥3,300¥3,300¥3,300
ONEXGPU ポータブルeGPU Radeon X7600¥101,700¥101,700¥101,700
製品名ハイビームテックワンアマゾン
ONEXGPU¥101,700¥101,700¥101,700
OCuLinkケーブル¥8,800
製品名GPDダイレクトハイビームアマゾン
GPD G1¥108,800¥108,800¥104,300
OCuLinkケーブル GPD G1 対応¥8,800¥8,800
GPD G1 専用ケース¥3,850¥3,850
あわせて読みたい
「ONEXGPU」レビュー。接続するだけでGPU能力が飛躍的に上昇して尚且つ本体の温度も熱くないので見事で... 【概要】 さてさて。ONE-NETBOOK社が小型のGPU BOXを発売したそうです。と言う訳でレビューしてみましょうか!(デモ機なので製品版とは異なる部分が出てくるかもしれま...
あわせて読みたい
「AYANEO Flip KB & DS」国内正規版の予約開始!それと新作発表会の風景 【概要】  株式会社天空(東京都渋谷区、代表取締役:山田 拓郎)は、深センAYANEO社が開発した、Windows11搭載クラムシェル型ポータブルゲーミングPC「AYANEO Flip 国...

スペック表

OSWindows 11 Home
プロセッサーIntel Core Ultra 5 125HIntel Core Ultra 7 155H
グラフィックスIntel Arc graphics 2.2GHzIntel Arc graphics 2.25GHz
メモリ仕様16GB
LPDDR5X-7500
32GB / 64GB
LPDDR5X-7500
ストレージ1TB
M.2 2280 PCIe 4.0 SSD
1TB / 2TB / 4TB
M.2 2280 PCIe 4.0 SSD
ディスプレイ10.95インチ、LTPS
解像度:2560 × 1600 WQXGA
画面比率:16:10
10点マルチタッチ対応
明るさ:470-630nits
リフレッシュレート:120Hz
NPUIntel All Boost
最大周波数1.4Ghz
インターフェースUSB4 ポート × 2
USB3.2 Type-A x 1
OCuLink x 1
microSDカードスロット 4.0x 1 (最大2Tをサポート)
3.5mm オーディオインターフェイスx 1
スピーカーHARMAN AudioEFX(両サイドに1つづつ)
カメラフロントAIカメラ
無線LAN/BluetoothWi-Fi 6E、Bluetooth 5.2
生体認証指紋認証(電源ボタン兼用)
バッテリー容量65.02Wh(16890mAh)
最大TDP28w
冷却システムヒートパイプの数 x 2
サポート国内一年サポート
管理コンソールOne X Console
本体寸法252 × 163 × 13mm
本体重量789g

開封

専用ケース
本体とキーボード
100W対応の電源アダプター
専用コントローラー
ブラケット

DSC_8769_TEMP
DSC_8783_TEMP
DSC_8754_TEMP
DSC_8770_TEMP
DSC_8773_TEMP

重量

本体のみだと791gですね。

DSC_8766_TEMP

コントローラーが左右で122g

DSC_8767_TEMP

本体とブラケットとコントローラーの合計は 1080gでした。

DSC_8768_TEMP

GPD WIN MAX2のマグネットの蓋有り状態で
1027gでしたが、越えてしまいましたか。

インターフェイス

本体の上の部分

・ 電源ボタン一体型の指紋認証
・音量ボタン
・ふたを開けたらイヤホンジャックとOcuLink
・TURBOボタン(専用アプリボタン)

本体の下部分はマグネット式のキーボードの接続部ですね。

DSC_8758_TEMP

本体の左右

・USB4が2つ
・USB-Aが1つ
・MicroSDスロット

正面には Windows Hello対応AIカメラも搭載されていて
顔認証にも対応しているようです。

ディスプレイ

ONEXPLAYER2の液晶も綺麗でしたが
X1は画面が大きくなったお陰で綺麗な上に見やすいですね。

GPD WIN MAX2の大画面とは違った綺麗さがありますね。

DSC_8752_TEMP

FLYの場合は
リフレッシュレートが120ですが
その代わりに画素密度が315ppiとか色々ありますが
X1は今までのONEXPLAYERシリーズでは最高峰じゃないですかね。
(大きさも含めてですが)

コントローラー

コントローラーですが
https://www.one-netbook.jp/onex1-controller/
十字キーは2種類あるようで交換が可能だそうです。

そしてボタンが増えているようです。

お問合せしてみたところ
ワイヤレス状態でもOne X Consoleが使用可能とのことだそうです。

2のコントローラーと比べて
ワイヤレス状態でも専用アプリが操作できるようになってるそうなので
便利な仕様に改善されてるようです。
(ワイヤレスジョイスティックコネクターが無いので
確認はできてないですが)

液晶にコントローラーを取り付けると
こういう状態になりますね。

まぁこの状態だと
同梱のブラケットのスタンド機能を利用して
ゲームをする感じになるでしょうね。
(長時間だと手が疲れる場合もあるやも)

DSC_8765_TEMP

本体とコントローラーを総重量が1kgを超えますが
GPD WIN MAX2も1kgを超えてますので
GPD WIN MAX2の重量が問題がない方だと
支障は無いのかなと思いますね。

X1とは別の話ですが、こう言う例もあるようです。

こー言う使い方をされる方には
特に支障は無いのかなと思いますね。

電子コミックや動画サイトを見るのに最適ですね。

大画面なので電子コミックや
youtubeやアマゾンプライムが楽しめて
尚且つHARMAN Audioで臨場感のあるサウンドで動画も捗りますね。

専用アプリ「One X Console」

今までと同じ仕様ですが
TDPの一番低い数値は6wで
最大は35wだそうです。

まぁ35wみたいな大きい数値を使う事は
そうそうないと思います。

15w~20wの運用で十分でしょうね。

FF14 ベンチマーク

数回テストして数字の大きいのを採用してます。

FFXIV 暁月のフィナーレTDP15w
最高品質5970
高品質(デスクトップPC)6916
高品質(ノートPC)7665
標準品質(デスクトップPC)8808
標準品質(ノートPC)8908

数字だけ見ると
悪くは無さそうな気がしなくもないですが
実際にゲームを動かしてみないと答えは出ないので
ゲームを動かしてみましょうか。

ゲームを動かしてみる

龍が如くとホグワーツレガシーでテストしてます。

この2つのゲームには
Intel用の設定があるのですが
Intel用に変更すると遊べる動作にはなりますね。

ただし7840Uよりは後れを取ってるという現状は
否定はできないですね。

例えば7840Uが同じような設定でも
12w~15wで動作するのに対して
Core Ultra 5だと18wぐらいで安定する感じですね。

まぁその代わりに
バッテリー容量が多いので
少々のことは気にせずに使えるようなので
その辺りが良い部分でもあるのかなと思います。

良い点と気になる点

良い点気になる点
大画面と綺麗な液晶ゲーミング能力は7840Uに劣る
リフレッシュレート120Hz価格
充実したインターフェイス本体のサイズと重量
HARMAN AudioEFX厚み
電子コミックや動画を見るのに最適
放熱対策と冷却能力
マグネット式キーボード
指紋認証と顔認証
デザイン

感想

使ってみた感想ですが
基本的にはONEXPLAYER2と同じような感じで
3 in 1な使い方になると思います。

ノートPCとして使っても良し。
ゲームして良し。
タブレットとして電子コミックや動画を見るも良し。

3 in 1もしくは三拍子ですか。

ONEXPLAYER2より進化したポイントとしては
・Intel Core Ultra搭載
・10.95インチの液晶
・専用のワイヤレスコントローラーでも専用アプリが起動可能
・指紋認証と顔認証を搭載
辺りですか。

ONE-NETBOOK社の製品は何時も通り
汎用性を重視してるようですね。

GPD WIN MAX2みたいな感じで
あえて大画面にして競合機種との差別化を
図っている感じなのでしょうね。

HARMAN認定のスピーカーが搭載されてるので
youtubeで良い音で音楽や動画を楽しめるのも良いですね。

昔のGPD WINやWIN2のモノラルの時代が
懐かしくすら思えますね。

気になる点としては
本体+コントローラーだと重量が1kgを超えてしまうので
そういう方にはONEXFLYの方が良いかもしれませんね。

まぁONEXPLAYER X1に関しては
ゲームをする場合は
ワイヤレスコントローラーを使う方が妥当かなと思います。

ゲーム性能に関しては
AMD 7840Uと比べると総合的に劣っていると言わざるを得ない訳ですが
この端末に関しては汎用性を重視した仕様なので
汎用性を求める方には有利な端末ですね。

まぁ7840Uに劣っている部分は
ONEXGPUで拡張すれば問題は無いかなと思います。

ゲーミング性能を求める方は
大人しく7840U搭載の端末の方が良いでしょうね。

AIR 1sやWIN miniやFLYと違って大画面なので
小型端末とは違った良さがあるのも事実ですね。

まぁ使い方次第と言ったところでしょうか。

最近のブログ

あわせて読みたい
「AYANEO SLIDE 試作機」レビュー。スライド式キーボードが搭載されて、液晶の角度も変更出来て画面も見... 【概要】 さてさて。外は寒いですがUMPCは熱いですね~。と言う訳でAYANEO SLIDEをレビューしてみましょうか。 アーサー氏がライブ配信でSLIDEを発表した時から注目して...
あわせて読みたい
AYANEO SLIDEとGPD WIN4を比較してみましょうか。両方とも似たような端末ですが違う部分が多々ありますね。 【概要】 さてさて。外は寒いですがUMPCは熱いですね~。と言う訳でAYANEO SLIDEとGPD WIN4を比較してみましょうか!同タイプの端末で同じCPUですが違いは色々とありま...
あわせて読みたい
UGREEN充電器とモバイルバッテリー。ワイヤレスマウス。アマゾンで入手可能な割と便利な品ですね。 【概要】 さてさて。物欲の冬ですね~。と言う訳でUMPCやノートPCなどを使用する場合に「あれば便利」な感じの充電器とかマウスとかを紹介していきましょうか。 充電器...

ハイビームさんのセール品の一覧と修理情報

コチラですね。

セール品の一覧

また、ハイビームさんで修理する際の情報なのですが 内部基盤以外の修理は国内、内部基盤は中国との事です。

バッテリーの交換はどのメーカーも15000円を目安にしてくださいとのことでした。

クラウドファンディング版と国内正規版の違い

コチラにまとめてあります。

通販サイトと動画配信サービスとギフト券とSWELL

UMPCの専門店のハイビームさんの
オンラインストアですね。

定期的にセールを行っておられるようです。
掘り出し物が見つかるかも!?

海外通販サイトだと
アリエクスプレスさんとbanggoodさん
ちょこちょこ買い物してます。

アマゾンプライムビデオとU-NEXTは配信してるものは
割と同じようで違うんですけど、契約しておくと便利ではありますね。

たまにバチェラージャパンとか独占タイトルもあるので地上波では見れない映像とかもあるので悪くはないかなと思います。

created by Rinker
Amazon.co.jp
¥2,000 (2024/04/13 01:18:51時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

どうもネスです。

GPDやAYA NEOやONEXPLAYERなど
珍しくて熱くて面白いUMPCやガジェットが大好物です。

物欲は良いですね。

宜しくお願いします。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次